漆 喰 塗 装

​~呼吸する壁~

~スイス漆喰カルクウォール~

 カルクウォールは、スイス生まれの天然漆喰(しっくい)です。このカルクウォールの安全性、そして輝くような白さ、さらに時間が経つほどに強度を増し、性能を発揮する点など、とても優秀な塗り壁材として、いち早く研究を重ねられてきました。アレルギーを引き起こす合成樹脂などの科学成分を一切含まず、天然成分100%(成分完全明示)のカルクウォールはスイス伝統の製法で作られています。天然スイス漆喰カルクウォールは、スイスアルプスから採れる、非常に純度の高い良質な石灰を使って、300年受け継がれている伝統製法で作られています。カルクウォールがヨーロッパを中心に世界中で愛され、長い年月変わらずに使われ続けているのにはもちろん理由があります。ひとつは、湿気や有害物質から住む人の健康を守る漆喰の安全性。もうひとつは、「白よりも白い」美しさとデザイン性。さらに、付着した汚れを自浄するため、雨風にさらされても自分自身で美しさを保ってくれるメンテナンス性の高さも兼ね備えた壁材なのです。

天然無機質100%の安全な自然素材

 「スイス漆喰・カルクウォール」は天然無機質100%の自然素材。合成接着剤等は一切使わず、成分はすべて公開しています。経年変化により石化した漆喰壁の成分は、ひとの骨の成分と同じ炭酸カルシウム。だから人にも親和性がありとても安全なのです。高機能な素材は、暮らしを付加価値ある空間にかえます。

夏は涼しく、冬は暖かい

 スイス漆喰の原料となる石灰は多孔質構造。多孔質構造が壁の中に空気の層をつくることでまるで生きもののように壁が呼吸し、夏は放熱、冬場は蓄熱して室内の温度を快適に保ちます。また、吸放湿性能が大変高く、湿気を吸収してくれるので室内の湿度を調節、体感温度をより快適なものにしてくれるのです。だから、エアコン代も節約してお財布にもやさしく、エコにも貢献!

化学物質や「嫌な臭い」を吸収・分解

 スイス漆喰の強アルカリ性は、酸化還元作用によって空気中の「有機物」を分解。シックハウス症候群の原因といわれるホルムアルデヒドやVOC揮発性有機化合物(トルエン・キシレンなど)を吸着します。そして吸着した「有害な化学物質」や「イヤなにおい」をキレイに分解して固定化し、再放出しないという効果もあります

殺菌・防カビ効果も​

 スイス漆喰壁の主成分、消石灰は強アルカリ性のため細菌類を殺菌・分解します。また、カビの発生を抑制し、ダニなどに対しても自然の防虫効果が見込まれます。鳥インフルエンザの発生時に鶏舎内に大量の石灰を撒くことでもわかるように、漆喰壁の主成分自体に強い殺菌作用が期待できるのです。お子さまのぜんそく、アレルギーやアトピーにも安心です。

インテリアにもなるスイス漆喰の壁

 コテやブラシで世界でひとつだけのパターン付けが可能です。手づくりならではの、大胆で荒々しいテクスチャーから、繊細でやさしいラインまで。シンプルでありながら、味わい深い手触りのある塗り壁は、木や石の床、モザイクタイルとの相性も良く、間接照明に照らされるとやさしい表情を浮かび上がらせます。スイス漆喰・カルクウォールなら、壁そのものが上質なインテリアとなります。

メンテナンスも簡単

 真っ白なスイス漆喰の壁はメンテナンスが大変なのでは?と思われがちですが、実は簡単。手垢、落書き、画鋲の穴など、日常生活における様々な汚れや傷はサンドペーパーや消しゴムでこすったり、少量の漆喰を使って簡単に修復が可能です。張り替えの必要な「壁紙・クロス」と違い、上から塗ることで成分の効果が薄れることもありません。

ヘッディング 1